高根法律事務所 info@takane-law.com

お電話でのお問合わせはこちら 03-6226-5675
  • 事務所概要
  • 法人の方
  • 個人の方
  • 事務所ご案内
  • お問い合わせ

個人の方

離婚したいが,相手が応じない。

夫婦の一方が離婚を希望している場合,まずは離婚をするかどうかや,離婚の条件について相手とよく話し合い,合意することを目指すことになります。
しかし,夫婦で話し合いを重ねても,そもそも相手が離婚を臨んでいなかったり,あるいは離婚の条件が折り合わなかったりして,決着がつかないことがあります。そのようなときには,裁判所の力を借りて離婚をすすめるしかありません。
法律では,まず調停という手続を行い,調停がうまくいかなかった場合のみ,裁判をすることになると決められています。
調停離婚は,裁判所において行われる話し合いです。裁判所の調停委員が夫婦の間に立って話し合いをすすめていきます。
調停が成立しなければ裁判により離婚を求めることになります。離婚裁判では,法律上定められた離婚の理由があるかないかについて,裁判所が判断し,離婚させるかどうかを決めることになります。

→離婚の手続及び当事務所におけるサポートについてはこちら