高根法律事務所 info@takane-law.com

お電話でのお問合わせはこちら 03-6226-5675
  • 事務所概要
  • 法人の方
  • 個人の方
  • 事務所ご案内
  • お問い合わせ

個人の方

他の相続人は生前贈与をたくさん受けているので,相続の際考慮してほしい(特別受益)。

相続人の中に,被相続人から特別の利益を受けていた者がいる場合単純に法定相続分どおりに遺産分割すると,不公平が生じます。この不公平をなくすための制度が特別受益です。

被相続人から①遺贈②婚姻・養子縁組のための贈与③生計の資本としての贈与をうけた者がいる場合,その贈与等の価額を相続財産に加算し(これを特別受益の持戻しといいます。),この加算した額を基礎として各人の具体的相続分を計算します。